子宮奇形!?双角単頚子宮の発覚と心がまえ

妊活がうまくいかず、7ヶ月目。

ある日リセットが来ると尋常じゃない出血量。
引くほどの血祭りになってしまったので恐くなり病院へ。

「双角単頚子宮ですね」

「へ?そうかくたんけい・・・?」

子宮の奇形です」

「へ?」

「着床しづらくて、流産しやすいですね」

ガーン!!!

「普通に生んでいる人もいますからね。
でも通常よりは着床しづらくて、流産しや・・・」

ドガーン!!!!

帰宅してすぐに検索。

双角単頚子宮は子宮奇形でもっとも多い形。

通常は三角形の子宮がラブリーハート型になっている。

これで内膜面積が増え出血量が多くなること。

妊娠力UP@基礎知識講座|子宮奇形についてより

私の場合は子宮口が一つで子宮の形がハート形のようにくびれている。

受精卵が着床する場所によって流産しやすいとの事。
流産が続く様であれば手術をするしかないようです。

なんてこったい。

しかし実感が無いせいかあまり落ちみませんでした。

 

先生にも言われましたが調べると、双角単頚子宮でも普通に生みましたというブログやコメント。

妊娠してから双角単頚子宮と気づく人も多いとの事。

夫に説明しましたが、現在の改善策はないので夫も特に気にしませんでした。

夫の姉は10年不妊治療を行っていました。
そして「不妊となる原因がまったくなかった」のでした。

ただ妊娠しなかったというだけで相当苦しい思いをしていました。
(義理姉さんは不妊治療をやめた途端赤ちゃんが出来ました!(^^)!)

原因がなければ対策がとれない。

不妊にとって、「対策」は妊娠への「希望」だ。

これをすれば赤ちゃんに会えるかも!という「希望」。

それすらないのは精神的にしんどい。

「一年は自然妊娠で様子みてもいいですが、不妊検査に入りますか?」

不妊の原因が双角単頚子宮なら最終手段は手術か。。。

「はい。お願いします」

こうして私は少し早めの不妊検査へと進んでいくのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です