夫の写真撮影に同行する妻(妻がこの人で良かったと思う夫の行動)

結婚して2年目。夫婦ふたり仲良く暮らしています。

 

夫の職種はぐらふぃっくでざいなーです。(カタカナにするのはなんか照れる)

チラシや名刺など、主に紙媒体のデザイン屋さんですね。

東京の一流企業などとは違い、田舎のデザイン屋さんはなんでも出来ないと困ります。

パンフレットやチラシで使う写真も自分で撮影します。

 

本日は撮影のため地元の海へ来ました。妻、仕事休みのため同行です。

 

秋晴れの雲ひとつない晴天!!シャッターチャンスです!!

被写体となる灯台のアングルを求め、海岸付近をさ迷います。

ココか!っと思ったら、被写体が電線に隠れてしまうとの事。

ココか!っと思ったら、海が一緒に映らないとダメとの事。

ココか!っと思ったら、逆光のため反対側の海岸から撮りたいとの事。

車でさらに5分程で反対側に回ります。

 

車を降りて、砂浜におりアングルを求めさらにさ迷います。

その頃妻は飽きはじめます。(貝殻とか拾い出します。)

夫は仕事です。ようやくアングルが決まり撮影開始します。

妻飽きます。(石投げとかし出します。)

 

夫は明日の飯のために一生懸命撮影を続けます。

 

妻飽きます。(今度は利き手じゃない左手で投げてみます。)

 

 

(投げ方がキモくて一人でウケます。)

 

夫は露出、光量を調整しシャッターを切り続けます。

 

:「あとで写真の色補正しやすいように、少し暗めに撮っておいた方がいいんだよ。

明日から天気崩れるから多めに撮影しておこう」

 

妻飽きます。

 

:「あのさ、ここジャンプするからさ、それ撮ってみてよ!」

 

妻飛びます。

 

ぴょーーーーん!!

飛距離足らず、

 

妻落ちます。

足元がびしょびしょになり、妻、テンションだだ下がりです。

こうして撮影も終了し、夫は「仕事に付き合わせちゃったから」と妻をカフェに連れて行ってくれます。

 

この人が夫で良かったと安堵する瞬間でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です