個人事業主・住宅ローン奮闘記その④「フラット35」で落ちた

どーもべつです、

現在格闘中の住宅ローンですが、これまで、「信用金庫」「地方銀行」「信用組合」に

落ちました。

 

計5回、計3社の金融機関に

落ちました。

個人事業主・住宅ローン奮闘記その①「信用金庫」で3回落ちた

もう地元の金融機関に頼むすべがなくなった私達は、とうとうインターネットを通して下記の我が家の条件を踏まえフラット35を利用することにしたのです。

マイホームの条件

・土地 約1300万+土木費用500万

・事務所兼自宅 約3000万

・頭金無し

合計:4800万の借り入れを希望

夫の社会的信用性と現状

・自営業

・個人事業主4年目

・昨年所得:650万(売上じゃないよ、所得だよ)

・妻:プー太郎(妊婦)

・その他借り入れ 夫の車ローン(毎月返済額:¥49,500)

・土地の売買契約済み

・「土地」は不動産業者に依頼

・「建物」は建築デザイナー(工務店)に依頼

フラット35とは

今回利用したのはARUHIのフラット35です。

フラット35は過去一年分の所得のみで審査がOKというメリットがあり、自営業や個人事業主、転職したばかりのサラリーマンなどに人気です。

2018年現在で全国の住宅ローンの20%近くがフラット35を利用しています。

全期間固定型の低金利が魅力で私の知人も数名このフラット35でマイホームを建てていました。

もうこれに頼るしかない!

様々な項目を入力し、ポチッと住宅ローンを申請しました!

翌日、すぐに結果が来ました。

さすが!スピーディが魅力でもあるフラット35!超早い!

クリックして開くと・・・

審査結果:不認証

「不認証」

 

 

落ちた。

 

理由:総合的な判断の元、不認証でした。

いや、イミフすぎるだろ。

不明な点はこちらまでと夫は速攻でそのフリーダイヤルに電話を掛けました。

電話に出たのは女性担当の方。

夫:「申請した●●という者ですが、今回の審査は何が駄目だったのでしょうか?」

担当:「それはお答え出来ないんです」

夫:「いくらなら借りれるか概算など出ませんか?」

担当:「そうですね、計算上ですと、●●様の収入を考えると・・・」

 

奥で電卓を叩く音が聞こえます。

 

担当:「6,000万まで借り入れ可能ですね」

夫:「いや、自分4,800万で落ちてるんですけど・・・」

 

担当:「あ・・・・・・」

何を得意気にかましてるんじゃ、落ちてるじゃねーか。

苛立つ夫。

担当:「・・・はい・・・えっと、だだ計算上は可能でも、実際の審査は異なる場合がございまして・・・」

夫:「いくらなら借りれるんですか?」

担当:「それはなんともお答えできないんです」

 

思い出せ!

住宅ローンとは、

貸せない理由はわかりません。

いくらなら貸せるのかもわかりません。

どうすれば貸してくれるのかもわかりません。

わかりませんが、あなたに貸す金はありません。

金を借りたければ、信用と金を準備しろ!

それが住宅ローンです。

個人事業主・住宅ローン奮闘記その②「地方銀行」で落ちた

 

「審査結果早すぎるな・・・本部への申請すらしていないのかも・・・」

 

フラット35を勧めてくれた元銀行マンが結果を聞いてポツリとつぶやく。

 

ここに来ても担当者レベルでの脱落が濃厚に・・・

個人事業主・住宅ローン奮闘記その③「信用組合」で落ちた

落ちた理由

 

知らん。

 

「6,000万借入できます」と言われたけど、実際は4,800万の事前審査が通らなかったフラット35。

担当者が発言に嘘はありませんが、それと審査は別物のようです。

ボチボチ、心が折れ掛けています……。

今宵も家族会議を開催したいと思います。

 

さぁ〜て来週の住宅ローンは?

次回、住宅ローンの女神!?フラット35の「認証」のお知らせ

いよいよ最終回になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です